PR

紫式部による歌人の評価~式部は慎ましい女性?

 紫式部は慎ましい女性だったといわれていますが、実際は他の歌人に対する辛辣な批評を残しています(>_<)

 今回は式部による実際の他の歌人たちの評価を紹介します。

和泉式部について

 和泉式部という人は、全く趣がある手紙を書いた人です。
 しかし、和泉には奔放な一面があります。気楽に手紙を走り書きした場合、その方面には才覚のある人で、ちょっとした言葉のつやも表面に出ているようです。
 和泉の歌はたいそう面白いものです。古歌をよく覚えているとか、歌の理論のことなどに関しては真実の歌人といったふうではないようですが、口に任せて詠む歌などに、きっと目のとまるような趣のある一点を詠み添えるのです。
 それでさえ他人の詠んだ歌について、欠点を非難し批評しているのをみると、いやいやそれ程歌の道を心得ているのはあるまい、口先ですららすら歌ができてくるのであるらしいと思われるたちの人らしいのです。
 こちらが恥ずかしくなるような尊敬すべき歌人とは思われません。

赤染衛門

 丹波守大江匡衡の妻赤染衛門を、中宮や殿(道長)のあたりでは匡衡衛門といっております。
 第一流の歌人というわけではありませんが、真実風流な心のある人で、歌人だというのであらゆることにつけて詠み散らすことはしないけれども、知られている範囲ではちょっとした折節につけての歌も、それは本当にこちらが恥ずかしくなるような詠み口です。
 こういう人を見ていると、どうかすると歌の腰が折れてしまったような歌を詠みだして、何ともいいようのない形だけの風流をしてまでも我こそはと賢こぶっていい気になっている人は、憎くも気の毒にも思われるものです。

清少納言

 清少納言は実に得意顔をして偉そうにしている人です。
 あれ程賢げに振舞って、漢字を書き散らしている様子も、よく見るとまだとても未熟な事がたくさんあります。
 このように人と比べて特別でありたいことの好きな人は、きっと後には見劣りがし、行く末は全く変な様子になるものですから、一旦情緒的になり切った人は、全く荒涼たる何でもない場合にもやたらに物のあわれを知り顔に振る舞い、趣ある事をも見逃さず捉えようとするから、自然と慎まなくてはならない移り気な様子になるのでしょう。
 その移り気になりきってしまった人の身の果てはどうしてよいことがありましょう。

 清少納言に対しては、特に手厳しい批評を加えていますが、清少納言が仕えていた定子は、式部が仕えていた彰子のライバルであったことに加え、枕草子で式部の夫藤原宣孝のことをこき下ろしていることも影響しているかもしれませんね。

紫式部と清少納言の晩年は不幸だったのか!?
煌びやかな宮中で活躍し、ライバル同士だった紫式部と清少納言ですが、謎の多い2人の晩年はどのようなものだったのでしょうか。
紫式部の家族1~先祖・父藤原為時・母藤原為信女・弟藤原惟規
2024年大河ドラマ「光る君へ」の主人公紫式部の家族(先祖、両親、兄弟)について、簡単に紹介します。