PR

藤原道長の晩年~その最期は幸せだったのか?

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の かけたることの なしと思へば

 藤原氏の絶頂期を築いて権勢をふるい、この世の栄華を極めたと自負した藤原道長ですが、どのような晩年を迎えたのでしょうか。

 長和5年(1016)、道長の土御門邸が火災で焼失した際は、諸国の国司たちに再建工事を分担させています。

 道長にその任免を左右される国司たちは、こぞって工事を競い合い、その人夫たちが民家から工事資材を奪うなど人民に多大な迷惑をかけたといわれています。

 さらに、伊予国司の源頼光は、家具・調度品一切をまで貢いだことで知られています。

 道長が冒頭の「望月の歌」を詠んだのが寛仁2年(1018)ですが、そのころから目を悪くし胸の痛みにも苦しむようになり、翌寛仁3年(1019)3月には出家しています。

 2,3尺(60~90㎝)先の人の顔も分からないようになり、糖尿病も患っていたと考えられますが、人々からは怨霊によるものと噂され、自身も怨霊を恐れる日々を送るようになったようです。容貌も「老僧のごとし」といわれるほど衰えていきます。

 現世で栄華を極め、あとの望みは極楽往生であった道長は、浄土教を信仰し、賀茂川沿いの広大な敷地に御所よりも豪華な法成寺という寺を建ててそこに居を構えます。

 この法成寺を建立する際も、工事を各国司に分担させ、道長の嫡男頼通は、わざわざ各地の公共事業よりこの工事を優先させるよう命令を下していたというから呆れますよね。

 ちなみに法成寺は後に焼失していますが、頼通が作った宇治の平等院は法成寺を倣って作られたものといわれています。

 形としては栄華、贅沢を極めた道長ですが、晩年は娘たちが次々と死んでいく不幸に見舞われます。

 万寿2年(1025)に敦明親王妃であった三女寛子が亡くなります。この死に関しては、元々敦明親王妃であった延子とその父藤原顕光の怨霊によるものと噂されており、寛子の臨終時に「いまぞむねあく」(やっとさっぱりしたぞ)との怨霊の声が響き渡ったといわれています。

 その後すぐに皇太弟妃であった六女嬉子を、万寿4年(1027)9月に三条天皇中宮であった次女妍子を亡くすと道長は急速に衰え、やせ衰えていったといいます。

 万寿4年12月4日、法成寺の阿弥陀堂で阿弥陀仏から引いたはすで作った糸を手に持ち、念仏を唱えながら道長は息を引き取ったのです。

 娘たちに先立たれ、怨霊に怯え、ひたすら極楽往生を願った最期は幸せだったのでしょうか?

 その後、道長の息子、頼通と教通も娘を入内させますが、皇子を産むことができず、摂関政治から院政へ、そして武家政権へと政治の実権が移っていくことになります。