戦国武将

戦国~江戸初期

戦国の女城主1~井伊直虎

大河ドラマ「おんな城主直虎」で有名になった女城主です。一族がことごとく戦乱で命を落とし、幼い跡継ぎの井伊直政を養育しながら井伊谷城主として生き抜いています。
戦国~江戸初期

服部半蔵の真実~伊賀者のその後

服部半蔵は、伊賀忍者の頭領として家康に仕えたと思われていますが、微妙に違います。その後の服部家、伊賀忍者、子孫の話まで含めて紹介します。
戦国~江戸初期

明智光秀生存伝説2~荒深小五郎

明智光秀の生まれ故郷である美濃にも、光秀の生存伝説が残っています。山崎の合戦後生き延びて美濃で暮らし、関ヶ原の戦いに参戦しようとした際に川に溺れてしまったといわれています。
スポンサーリンク
戦国~江戸初期

明智光秀生存伝説1~天海僧正

数多い日本史の伝説の中でも人気のある説です。山崎の戦いの後に落ち武者狩りにあったのは光秀の身代わりで、家康の側近天海僧正となったとの説を簡単に紹介します。
戦国~江戸初期

織田信長と弥助~戦国の黒人侍

天正9年(1581)2月、イエズス会の宣教師が織田信長に謁見した際、荷物を担がせた黒人の従者を連れていました。
戦国~江戸初期

本多正信~家康の謀臣

徳川家康が最も寵愛したものは「雁殿、佐渡殿、お六殿」といわれていました。雁殿は家康が幼少期より好んだ鷹狩り、お六殿は晩年の家康が寵愛した側室の名前、そして佐渡殿が、本多佐渡守正信です。徳川四天王ら歴戦の武功派と異なり、権謀術数で家康の天下取りを支えました。
戦国~江戸初期

孕石主水と家康~家康の逆恨み!?

天正9年(1581年)、家康が武田方の高天神城を攻略した際、敵方の武将のうち、孕石主水という武将だけ切腹させています。逸話では、主水は家康の今川人質時代に、家康の屋敷の隣に住んでいたそうです。主水の子孫まで含めて紹介します。
戦国~江戸初期

井伊直政~家臣に恐れられたイケメン武将

井伊直政は徳川四天王の一人に数えられる家康の重臣です。武田家滅亡後は遺臣を直政の直属とされ、その部隊は「井伊の赤備え」と言われ恐れられました。天正18年(1590)には徳川家臣団の中で最高石高の上野国箕輪12万石を与えられます。その生涯について子孫まで含めて簡単に紹介します。
戦国~江戸初期

本多忠勝~無傷の最強武将

本多平八郎忠勝は徳川四天王の一人で、生涯五十数度の戦でかすり傷一つ負わず、家康には過ぎた家臣とまで言われた最強の武将です。その生涯について子孫まで含めて簡単に紹介します。
戦国~江戸初期

酒井忠次~徳川四天王筆頭

酒井忠次は家康の今川人質時代から苦楽を共にしており、軍事・政治ともに抜群の手腕を発揮し家康から信頼され、徳川四天王の筆頭といわれています。その生涯について子孫まで含めて簡単に紹介します。
スポンサーリンク